転職|天職に出会いたい人のヒントになる転職応援メディア

天職に出会いたい人のヒントになる転職応援メディア

天職に出会いたい人のヒントになる転職応援メディア

転職活動を始める前に考えておきたいポイント

あなたは転職したいと思ったことはありますか?
でも、実際には、次の職場を見つけられるかという不安、今の仕事をしながら転職先を探せるのだろうか、など悩んでしまうことがたくさんあると思います。
今回は、転職活動を始める前に考えておきたいポイントについてお話しさせて頂きます。

なぜ転職したいのかを考える

まずは、転職して、その後に自分がどうなりたいのかを考えてみましょう。
ポイントを絞って説明します。

転職したい理由は何か

最初に考えるべきは、なぜ転職したいかということです。どんな理由であれ、まずはここを明確にしておくべきです。
「なんとなく」という人もいるかもしれませんし、「悩みや困ったことがある」「給料が安い」など、人によって様々でしょう。スキルアップや自分を磨くためという方もたくさんいらっしゃると思います。
なぜ、理由を明確にするべきなのかというと、理由なく辞めた場合、次に同じように理由なく辞めてしまう可能性があるからです。
たとえば悩みがあって辞めるのだとしたら、同じ悩みが生まれるような職場に勤めはじめてしまっては、もしかしたら同じ結果になってしまうかもしれません。
まずは自己分析。自分がどう考えて、どう行動したいのかをしっかりと考える時間を作りましょう。次の職場を理由なく辞めてしまうようなことがないように、また同じ状況に陥ってしまわないようにする。
同様に、「スキルアップしたい」「新しいことに挑戦したい」という場合も、「何を」したいのかということを、上司に退職の意思を伝える前に、しっかりと明確にしておきましょう。

今の職場で得たことを考える

働いた期間によらず、今の業種に対する気持ちや考えをしっかりと持ちましょう。
自分が今の会社でどのようなことを経験し、知識として得ることができたか。
自分が持っているスキルは、今の職場で得ることができたものか。
もちろん、そういったものがない、ということが、まさにあなたが転職したい理由なのかもしれません。
興味をもてない仕事をしつづけることの不安や、人間関係や雇用状況の問題なら、その不満は転職することでしか解消することはできないかもしれません。
大切なのは、今の職場で何を得たかと考えること、そして次の職場で何を得たいかを考えることです。

次にどんな仕事をするかを考える

さあ、いよいよ、次の職場のことを考えてみましょう。ここが一番のポイントになります。
転職を考えるということは次のステップを考えているということです。
ひとまず今の仕事に区切りを付けてしばらく休みたい、という場合もあるかもしれませんが、その場合でも、次の仕事については考えを固めておいたほうがいいと思います。
同じ職種に再度挑戦するというのでもいいでしょうし、働いたことのない業界で働いてみたい、というのでもかまいません。ある程度漠然としていても大丈夫です。
大切なのは「次」ということをしっかりと意識しておくことです。
ここは本来、いちばん楽しみにしてもいい部分です。どんな未来を描くこともできるからです。
「次」に対する不安におしつぶされないように、新しい仕事、新しい生活が自分を待っているというポジティブな気持ちを持つことが大切です。

仕事しながら転職活動をできるのか

転職活動を在職中に行うか、一度退職をして、無職の状態でスタートするべきかということは、誰しも悩むべきポイントです。
どのような形にするべきか見てみましょう。

働きながら次の仕事を見つけるのは難しくない

仕事をしながら次の職場を探すということは、転職しようという強い意識があればそれほど大変なことではありません。
それが大変と思われがちなのは、転職をしたことがない人は、転職の手段を知らないからです。人は知らないこと、わからないことに不安を感じます。何よりも不確定な未来を嫌います。しかし、知ってしまえば本当に大したことではありません。
まずは、次の仕事を見つけるための手段を探します。
手段が見つかったら、辞めるべき日付を大まかに決めます。
このとき、次の仕事と今の仕事の間でちょっと休んじゃおうかな?と自分を甘やかさないことです。
すぐに次の仕事に入れるように、スムーズに転職を進めるのがベストです。

すぐに仕事を辞めたいなら貯蓄をチェック

現在の仕事をすぐに辞めたい、という人もいるかもしれません。
そんな方に考えてほしいのは、雇用保険の給付金を貰えるかどうかということです。
ハローワークから支給される給付金には、給付条件を満たしていても、待機期間というものがあり、すぐにもらえるものではありません。自己都合での退職となった場合、最低でも3か月は収入がないことを覚悟する必要があります。待期期間の始まりや前後の日数によっては、3か月以上かかることもあります。それでも生活できる貯蓄があるなら、悩まずに辞めてしまってもいいかもしれません。

生活や人間関係について

「職場の仲が良い人にはいつ何と伝えよう」とか、「今の生活のリズムが変わってしまうことが怖い」といった不安は、あなたが無事転職を完了しさえすれば、自分でも驚くほどさっぱりと忘れ去られてしまうようなことです。逆に言えば、新しい環境、新しい時間、新しい人間関係が始まれば、過去を振り返っているような余裕はないのです。
たいていの場合、転職活動が少しずつ進んでいけば、なぜもっと早く行動をしなかったのかと自分に問いかけたくなることでしょう。

まとめ ~転職とは自分で自分の人生を作ること

転職している人は世の中にたくさんいます。難しいように見えたとしても、誰もが乗り越えてきた壁ですから、不安ばかりを感じる必要はありません。
現状の自分を把握し、転職活動中でもきちんと生活できるかどうか、そして「次」を意識することで新しいモチベーションを持てるか、を見きわめ、自分自身に対して自信を持つことが大切です。
自分を見つめ直し、本当にしたい仕事は何かということを考え、自分を変化させるための行動を起こすことが、転職を考えたときに起こすべき行動です。
自分を変えることは、怖いことでも不安に思うことでもありません。きちんと転職の手順を知り、今の職場を辞めようと思った気持ちを強く持ちましょう。その上で、辞めることに対する引け目や遠慮などを感じることなく、しっかりと自分の意思を持ちましょう。
転職とは、自分で自分の人生を作ることなのです。