転職|天職に出会いたい人のヒントになる転職応援メディア

天職に出会いたい人のヒントになる転職応援メディア

天職に出会いたい人のヒントになる転職応援メディア

お客様と一生付き合うやりがいのある仕事
転職をして今までにない世界を見た

子育て安心住宅 新谷勇人さん

――工務店にお勤めの新谷さんは、現在、どんなお仕事をされているのですか

新谷:  住宅業界で、職種は営業になります。会社にいらっしゃったお客様に家の販売をさせていただいております。当社では訪問営業は一切しません。

――6年前、ダイビングスクールのインストラクターから転職されたとのことですが、前職での働き方や生活スタイルはどのようなものでしたか

新谷:  海に行かない日は10時30分に出社し、店を閉めるのが夜の20時、残業もなく定刻通りに終わりました。その時はまだ独身で、時間にも余裕があったため、仕事帰りに友達と飲みに行ったり食事に行くこともありました。ただ、夏の繁忙期はかなり忙しかったです。朝5時起きで帰りが21時という生活が丸2ヶ月続くこともありました。その分、繁忙期には少しだけ給料は上がりました。

――手当はありましたか

新谷:  ダイビング業界は、かなり手当などがゆるいです。会社によるとは思いますが、僕がいた会社は健康保険社会保険なども自分で加入するように言われました。給料も月給制ではありましたが、少ないと感じていました。

――転職しようと思われたきっかけは、なんですか

新谷:  もともとダイビングが好きで始めた仕事でしたが、好きなことを仕事にしてはいけないと思うようになりました。今では、好きなことだからこそ自分のペースで潜りたいと思います。
転職を考えた時、人と接する仕事で、給料が良いところを探しました。単純作業は苦手でした。そんな条件で探した結果、営業にいきつきました。転職活動自体は、のんびりと半年くらいかけて行いました。

――会社選びで重視したことはありますか

新谷:  給料ももちろんですが、会社の雰囲気を重視して選びました。最初は求人サイトを見て、ホームページを見て、どんな人が働いているのかを見ました。営業職で探していましたが、別に業界は決めておらず、医療系など様々な業界で探しました。今の会社に興味をもったのは、社名にインパクトがあって気になったからです。実際に入社してみて思ったことは、社内の雰囲気が良いということでした。毎年社員旅行に連れて行ってくれますし、夏にはみんなでバーベキューをします。

――転職する前に不安なことはありましたか

新谷:  未経験でもできるかどうかが不安だったので、会社を探す時もその点を重視していました。ホームページに「未経験でも活躍している人がいる」と書いてあったし、カリキュラムや教育もしっかりしているようだったので、大丈夫かなと思うことができました。未経験から始めることには誰しも不安を感じると思いますが、未経験で入社している人がはもともとはどういう職種だった人なのか、一人前になるにはどのくらいの期間がかかるのか、といったことをしっかり会社に確認すればいいと思います。ホームページでわからなかったことは面接などで直接聞けば教えてくれるでしょう。
もちろん転職してからも、自分が家を売ることができるのかは不安でしたが、まわりがしっかりと教えてくれましたので、あまり悩んだり戸惑ったりすることなく働き続けることができました。

――前職はスムーズに辞めることができましたか

新谷:  前の会社は社長とふたりだけだったので、辞めてほしくないと言われました。ただ理解のある方で、最終的には、自分で決めたことならと受け入れてくれました。

――転職してから生活スタイルは変わりましたか

新谷:  給料はもちろん良くなりましたし、大型連休にも休めるようになりました。前職は土日や大型連休こそ稼ぎ時で休めなかったため、そこはかなり変わりました。
また、営業職ですから時間の使い方が比較的自由になりました。朝9時までに出社して18時までが勤務時間になります。その間のさじ加減は、売上さえつくれば早く帰ってもいいし、休みをとっても大丈夫です。もちろん数字がなければそんな自由なことはできませんが、自分の時間を自由にコントロールはできるようになった点はいいですね。

――転職して仕事や人生の価値観は変わりましたか

新谷:  価値観ではありませんが、対応や言葉づかいが変わりました。前職は教えることが仕事でしたが、今は商品を売るというより自分を売るという意識でいます。

――転職する前とした後で、お仕事のイメージにギャップはありましたか

新谷:  想像以上に大変でした。お客様から契約をいただくことの大変さを痛感しました。それ以外はそんなにギャップはありません。もちろん営業ですから、数字をとってこいとボロクソに言われますが、数字をとってきていないのであれば言われて当然だし、何が問題で何を改善したら良いのかを冷静に分析して、前に進むようにしています。

――前職の経験が活きていることはありますか

新谷:  趣味の話をすることで、コミュニケーションがとりやすくなり、話が膨らむことはあります。

――これから、仕事やプライベートでチャレンジしていきたいことはありますか

新谷:  チャレンジかどうかわからないけれど、子ども供と一緒にダイビングをしたいです。仕事では、自分もだいぶ上の立場になってきたので、人への伝え方をうまく指導していきたいです。ずっとチャレンジ中ですが、 年間24件の契約をとりたいです。住宅業界では年間4件も契約できたらすごいと言われていますが、当社ではそれでは評価されません。今までの最高の年間契約数が20〜21件なので、もう少し頑張っていきたいです。

――これから転職しようとしている人へのアドバイスはありますか

新谷:  住宅業界に行きたいのであれば、住宅関係の本は読んでおいたほうがいいです。行きたい会社の社長さんが本を出していたら、読んでおいたほうがいいです。他の会社はわからないですが、絶対まわり は助けてくれるので、自分で抱え込みすぎずに周りの人にどんどん聞いて仕事をしていったらいいと思います。
転職することで、人生観は変わると思います。自分の場合は、今まで見たことのない世界を見せてもらったし、環境に恵まれていると思います。チャンスは皆にあります。しっかりと評価してもらえて、上の役職につきたければ、頑張ればチャンスがあります。
自分の知らなかった知識を得たり、人脈が広がったり、営業をすることで得たものはいくつもあります。やりがいはめちゃくちゃあります。売って終わりという仕事ではなく、お客様と一生お付き合いをしていく仕事です。


[2017年4月25日]
取材/榎並千陽 構成/松阪美歩