転職|天職に出会いたい人のヒントになる転職応援メディア

天職に出会いたい人のヒントになる転職応援メディア

天職に出会いたい人のヒントになる転職応援メディア

ハローワークと転職サイトの使いこなし方

転職を考える上で積極的に利用したいのがハローワークと転職サイトです。
ハローワークは、雇用保険の受給資格があれば、働いていた期間などによって給付金がもらえます。転職サイトについても、自分での直接応募と合わせて使うことで、転職への近道となります。
どのようにこの二つを使いこなせば効果的なのかをご紹介しましょう。

まずはすぐにハローワークへ!

ハローワークについては、初めて退職された方には利用の仕方がわからないことが多いかもしれません。きちんと手続きすれば非常に有用で、多くの場合、利用しないと損をすることなってしまいます。ハローワークまで寄せられている求人にも様々なものがあり、転職活動の参考になります。

退職時に確認すること

会社が雇用保険料をどれくらいの期間払っていたのかをきちんと把握しましょう。もし期間が足りなくて給付の条件に満たない場合は、退職の時期を考える必要もあります。金額や給付の期間、退職事由などによる条件の違いを調べておくことで、次の仕事が決まっていない場合でも、生活に対する不安を確実に減らすことができるでしょう。

雇用保険はすぐには受給できません

退職は大きく自己都合と会社都合に分かれます。倒産やリストラなど、退職者の意思による退職ではない場合は会社都合ということになりますが、自分から退職を申し出るような場合は自己都合ということになります。
自己都合で退職する場合は、最低でも3か月以上の待期期間が発生します。
気をつけなければならないのは、退職日から数えて3か月ということではなく、ハローワークで手続きをすることによって決まる認定日から3か月である、ということです。申し込みに行ったその日が認定日ということでもありませんので、甘く考えていると日数のズレが出てしまいます。
申込日後に認定日を迎えて、実際に初回の給付が自分の銀行口座に振り込まれるまでは、4~5カ月かかると見ていたほうが良いでしょう。
ですから、貯蓄などについても半年程度、収入がなくても生活できるくらいの余力を準備しておきたいものです。

給付金をあてにするより早めの再就職を

給付金は永遠にもらえるわけではありません。もちろん再就職したら給付は打ち切られますし、転職先が決まらない場合でも、年齢などによって給付を受け取れる期間は細かく定められています。次の仕事を決めずに退職した場合、しばらくは給付金で生活を賄って休みたいと考える場合もあると思います。せっかく貰えるのなら、期間いっぱいまで給付金をもらってから仕事を始めたほうが得だと考えるにも無理はありませんね。
ただし、雇用保険は短期間で再就職すると、残っている期間に受け取るはずだった給付金の一部を再就職手当として受け取ることができます。
また、早めに就職したほうが良いというのは本当です。ブランクの期間が長くなるほど、自分自身の働く意欲にも影響しますし、転職活動において面接官などがもつ印象が変わってしまいます。
転職して新しい人生を始めると決めたのですから、むやみに休もうと考えず、給付金の条件などをしっかりと調べて、着々と転職活動を進めましょう。

ハローワークで応募したり、転職に役立つノウハウを教わることもできる

ハローワークでは、そこに掲示されている求人に応募することができます。インターネット上に出ている案件と窓口で紹介してもらえる案件があり、自分がしたい仕事が固まっている方やスキルに自信のある方は一度、相談窓口に行ってみましょう。
また、ハローワークでは転職に役立つ様々な講座も開催されています。「書類選考に通る通過職務経歴書の書き方」なども教えてくれますので、時間のある方はぜひ受講してみてください。

転職サイトを使いこなそう!

転職サイトは数多くあり、業種や業界ごとになっている場合もあります。どんな利用方法があるかを見てみましょう。

登録は複数サイトで!

転職は人生における転機ですから、気を抜いている余裕はありません。転職活動で何よりも大事なのは情報です。
転職サイトによって、掲載されている企業には違いがあります。もちろん複数の転職サイトに掲載している企業もあります。日ごとに変化する新しい求人情報をチェックし、ひとつの転職サイトだけにこだわらずに、あらゆるサイトから少しでも多くの情報を手に入れることで、自分の未来、将来に働く仕事に巡り合いやすくなります。

転職サイトの機能を活用する

多くの転職サイトには、履歴書や職務経歴書、エントリーシートなど様々な形で自分をアピールする内容を登録できるようになっています。これらの書類は、転職サイトから応募する際に自動的に企業に送られたり、求人企業が様々な条件で求職者を検索して、欲しい人材をスカウトしたりということにも用いられます。この機能を活用し、しっかりと登録しておきましょう。
職務経歴書などを作ることは、企業側から見た「自分の社会的な価値」を見直すことができる良い機会にもなります。

とにかく多くの企業を集めて研究しよう

有名・無名に関わらず、どんな企業があるのかを知ることはとても大切です。様々な企業を見くらべることで、自分の中にはなかった職種や働き方を発見することができるでしょう。
辞めてしまった会社と同じ業種に転職する場合でも、前とは異なる業種に挑戦してみようと考える場合でも、勤めたいと思える企業にめぐりあうことができるかどうかは、どれだけ多くの企業について情報を集められるかということにかかっています。
自分の実力に見合った会社が見つからないこともあるでしょう。経験がない業種にチャレンジしたいと思っても、結局は実務経験がなければ門前払いになるかもしれないと思って、臆病になってしまうこともあります。
でも、大切なのはまず申し込んでみることです。アクションを起こさなければ何も起きません。その企業で働いてみたいと考えたら、しっかりと書類を作り込んで応募し、企業からの反応を待つのも一つの手段です。
企業側にとっては、非常に多くの応募の中から面接に進む人を選んでいくことになるわけですから、応募者が躊躇する理由はどこにもありません。考えに考えて少数の企業に応募するよりも、自分を活かすことができる可能性があると思った企業には積極的に応募していったほうがいいでしょう。

まとめ

ハローワークについては求人情報だけでなく、雇用保険についてしっかりと前段階で知識を得ておくこと。そして転職サイトについては複数登録して、積極的に求人に応募すること。この二つがポイントです。

仕事をするのは、他人ではなく自分です。とりあえず勤められればどこでもいい、というような安易な気持ちで取り組むのではなく、新しい人生を左右する大切なことですので、積極的な態度で臨みましょう。
集められるだけの情報を集め、自分にあった企業を探すことには、根気や集中力も必要になりますが、あとで後悔することになりたくないと思えば、苦にはならないはずです。むしろ、苦労して仕事を見つけたほうがいいと言えるでしょう。
長く続けた仕事を辞めて気が抜けてしまったり、少々ネガティブになってしまうこともありますが、心機一転、自分のために自分のしたいことを探せる貴重な時間をもらった、とプラスの気持ちで行動しましょう。